トップ / 印刷物のこだわりスタイル

印刷物のこだわりスタイル

印刷のこだわり完成度

印刷作業で冊子タイプを作成

何かの創作物で、印刷作業を行うということはよくあるものですが、その時の完成品の姿と言うのは、こだわりたいポイントの一つです。例えば、何かの説明書が、用紙の角を一箇所ホチキスでとめただけの状態では、物によっては非常にみすぼらしい印象を与えてしまいます。そんな時に便利なのが冊子スタイルです。例えば、A4サイズで2段組みにして印刷をかけて半分に折るだけで、本のような形にできます。2枚を重ねた状態で半分に折って真ん中をホチキスでとめたらページ数も増えてさらに冊子らしさが出ます。なお、真ん中までホチキスが届かない場合は、ホチキスを最大まで開いた状態で、消しゴムの上に載せた用紙の上からホチキスを当てるようにすれば、あとは消しゴムから芯を抜き、たたむだけですから簡単です。

冊子は綴じ方で印象が変わる

印刷会社を利用して冊子を作る場合には、綴じ方をどうするかを決める必要があります。綴じ方にはホチキスを使用した中綴じや糊を使って製本する方法の無線綴じなどがあり、用途に合わせて選ばれています。中綴じの印刷物のメリットはページを開いたままにするのが容易だということで、主にパンフレットやページ数の少ない本を作るのに利用されます。無線綴じは背の部分を糊で固めて表紙とくっつける方法での製本となるため、丈夫であることや、ページ数が多くても綴じられることで広く使われています。他に変わった製本の仕方には、背の部分をリングで留める、ノートなどでよく見かけるリング製本などがあります。

↑PAGE TOP