トップ

印刷の用紙に使えるアイテム

印刷のコピー用紙

印刷の際に役立つ知識

印刷作業をする時に覚えておきたい基礎知識と言えば、サイズに関することです。よく使用するコピー用紙と言えば、A4がありますが、A4を半分にした物がA5になります。そして、それをさらに半分にしたものがA6です。また、B4に関しても同じことで、半分にすればB5、B6となっていきます。このような関係を把握しておくと、いざ枚数が足りない、となった時にも慌てず、用紙をカットして対処することができます。なお、折り目を付けて手で切ったり、カッターで切っても使えますが、切り口の粗さやゆがみが気になるのが難点です。そんな時はペーパーカッターという専用のアイテムを使用してカットして印刷することで、きれいに作成できます。

プリントアウトのサイズ確認

印刷の作業をきちんと進めるためには、サイズの確認が必須です。用紙にはA4やA3、B4といった単位があります。正しくサイズ設定をしなければ、理想の仕上がりになりません。また一般的な市販品プリンタではA4までの大きさが基本になりますので、作業を始める前から、印刷後の雰囲気を意識してデータ製作をしましょう。ハガキや名刺程度の大きさのものなら、自宅やオフィスのプリンタでも簡単に製作可能です。一方でポスターや大きなグラビアをプリントアウトしたい際は、専用のサービスに相談した方が良いかもしれません。最近では一個人出来る依頼出来るプリントアウトのアウトソーシングサービスがあります。

↑PAGE TOP